遺伝病を減らそう!

犬の遺伝病研究会は、犬を含む小動物の遺伝性疾患の
病因、病態の解明と治療の発展に貢献するとともに、
人と動物の健康と福祉の向上を支援することを目的とした団体です。

【日本国内で検査可能な犬種とその遺伝病】2015年4月現在

犬種 遺伝病名
アメリカン・コッカー・スパニエル 進行性網膜萎縮症(PRA)
イングリッシュ・コッカー・スパニエル 進行性網膜萎縮症(PRA)
イングリッシュ・シェパード イベルメクチン中毒症
ウェルシュコーギー・カーディガン 進行性網膜萎縮症(PRA)
ウェルシュコーギー・ペンブローク フォンビルブランド病変性性脊髄症
オーストラリアン・シェパード 進行性網膜萎縮症(PRA)フォンビルブランド病
変性性脊髄症
ゴールデン・レトリーバー 進行性網膜萎縮症(PRA)
コリー(ラフ/スムース) コリーアイ(コリー眼異常)イベルメクチン中毒症
シェットランド・シープドッグ イベルメクチン中毒症フォンビルブランド病
コリーアイ(コリー眼異常)
ジャーマン・シェパード イベルメクチン中毒症
柴犬 GM1ガングリオシドーシス
スコティッシュ・テリア フォンビルブランド病
トイ・プードル 進行性網膜萎縮症(PRA)フォンビルブランド病
ドーベルマン・ピンシャー フォンビルブランド病
ボーダー・コリー セロイドリポフスチン症(CL)イベルメクチン中毒症
遺伝性好中球減少症
ホワイト・スイス・シェパード イベルメクチン中毒症
ミニチュア・ダックスフント 進行性網膜萎縮症(PRA)
ミニチュア・プードル 進行性網膜萎縮症(PRA)フォンビルブランド病
ラブラドール・レトリーバー 進行性網膜萎縮症(PRA)

【遺伝病検査について】

※犬の遺伝病研究会では検査受付は行っておりません。遺伝病検査が可能な動物病院からお申込みください。

【動物病院の皆様へ】

現在、国内の遺伝病検査機関は、動物病院様からの検査依頼のみ受け付けております。
以下の検査機関のホームページにアクセスしていただき、各検査機関の要領に従って検査をお申込みください。

日本国内の小動物の遺伝病検査機関へのリンク(外部サイトが開きます)

有限会社カホテクノ

株式会社ケーナインラボ

遺伝病検査が可能な犬種と遺伝病は限られています、検査可能かどうかを各検査会社へ御確認の上、お申し込みください。

主な犬の遺伝病検査と検査可能犬種(2015.09.24現在)

遺伝病名 検査可能な犬種
進行性網膜萎縮症(PRA) ウェルシュ・コーギー・カーディガン、トイ・プードル、ミニチュア・プードル、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・ダックスフント、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、オーストラリアン・シェパード
セロイドリポフスチン症(CL) ボーダー・コリー
フォンビルブランド病 スコティッシュ・テリア、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、シェットランド・シープドッグ、ドーベルマン・ピンシャー
コリーアイ(CEA) ボーダー・コリー、シェットランド・シープドッグ、オーストラリアン・シェパード、コリー
遺伝性好中球減少症(TNS) ボーダー・コリー
GM1-ガングリオシドーシス(GM1) 柴犬
運動誘発性虚脱(EIC) ラブラドール・レトリーバー
イヌ変性性脊髄症(DM) ウェルシュ・コーギーペンブローク
巨大血小板性血小板減少症(IMTP) ミニチュア・ダックスフンド

犬の遺伝病研究協会では会員動物病院を募集しております。
是非ご入会ください!詳しくはこちらから

Copyright(c) 2015 The Japanese Society of Canine Hereditary Diseases. All Rights Reserved.