遺伝病を減らそう!

犬の遺伝病研究会は、犬を含む小動物の遺伝性疾患の
病因、病態の解明と治療の発展に貢献するとともに、
人と動物の健康と福祉の向上を支援することを目的とした団体です。

【日本の飼い犬の現状】

犬という動物は、人類と共に数千年の長い時を過ごしていくうちに、様々な容姿に変化を遂げてきました。
ある時は偶発的に、またある時は意図的に作り出されてきた容姿は、現代の多種多様な犬種を産み出してきました。現在、世界各地で公認されている犬種は400種以上にものぼります。そのどれもが、長い年月をかけて、人と犬が共同で築き上げてきた文化の産物であり、種を越えた深い信頼関係が成しえた、地球上の奇跡の産物でもあります。その愛すべき犬たちが、今を生きる人たちとまた奇跡的な出会いを遂げて、一人一人一頭一頭が素敵なドラマを作り出していくことを望まずにはいられません。

しかしながら、意図的な交配の連続で、犬という種が遺伝的に多くの問題を抱える動物になってしまったという現実も無視できなくなっています。近年では過熱状態にあるペットブームで、需要の高い人気犬種の供給を満たすために、様々な形で無理な繁殖が頻発してしまっている現状があります。
さらに2008年1月から、海外からの犬凍結精液の承認により、今まで以上に多種多様な血統の遺伝子が、国内に流入しています。これまでも、海外から入ってきた繁殖犬に対して、獣医学的に繁殖に適しているか否かを客観的に判定するシステムや規制はありませんでした。その結果、遺伝的に問題のある個体の繁殖が繰り返され、規制の厳しい本場欧米では考えられないほど、日本国内には多種多様な遺伝病が蔓延しているという可能性が大きく、喜べない状況にあります。

【犬の遺伝病研究協会とは】

一般社団法人 犬の遺伝病研究協会(The Japanese Society of Canine Hereditary Diseases 通称:JSHD)は、今まで遺伝病について詳しいことがわからなかった方々へも情報を発信し、DNA検査をより身近なものとして感じていただくことで、生まれながらに遺伝性疾患を持った犬を少しでも減らしていくことや、遺伝性疾患を患っている、あるいは今後発症の可能性のある犬とその家族に対して、適切な情報の発信とサポートをしていくことなどの、啓蒙活動も行って参りたいと考えております。一人でも多くの方が犬の遺伝病研究協会の活動へご理解とご協力、そして、積極的な参加をしていただくことを心よりお願い申し上げます。

会員募集についてはこちらのページを御覧ください

Copyright(c) 2015 The Japanese Society of Canine Hereditary Diseases. All Rights Reserved.